生理の前後にお尻にニキビができた時の対策

生理の前後にお尻にニキビができた時の対策

生理前になるとホルモンバランスが崩れて
顔にニキビができやすくなりますが
お尻にもニキビができますよね。

 

治ったと思っても生理期間中にまた復活したり、
なかなか治りにくかったり、
そんなときの対処方法をご紹介します。

 

生理用ショーツを使わない
このパターンの人が意外と多いのですが
生理用ショーツはナイロン素材でできてることが多いのですが
このナイロン自体が肌に悪影響を与えていることがあります。

 

なぜならナイロンは皮膚よりも固いために
皮膚と擦れると摩擦が起こって、炎症がおこりやすいんです。
雑菌が入り込んでニキビができることもあります。

 

ですからナイロン素材のショーツができるだけ履かないほうがいいです。
綿の下着に替えてからお尻ニキビが改善した人も多いです。

 

でも綿の下着だとナプキンがずれる心配がある人は
綿のショーツの上に生理用ショーツを履くのもあります。
ガードルを履く人もいます。

 

 

布ナプキンを使う
ナプキン自体で肌荒れするということがあります。
痒みが起こる原因にもなります。
布ナプキンは肌に触れる部分が綿ですから
肌が荒れる心配はありません。

 

管理方法が大変ですが
生理時期には快適に暮らせるので私は気に入っています。

 

 

タンポンを使う。
あえてナプキン自体を使わないという手もあります。
タンポンは肌に触れないですから
ナプキンを着けなくてもいいですし、
心配な場合はオリモノシートをつけたらいいです。

 

 

お尻のブツブツができる原因はいろいろありますが
生理時期になるとできるなら
上の対策をどれか試してみるといいと思います。

 

お尻のザラザラを解決するクリーム人気ランキングはコチラ